ビーチクリーン

湘南BoysGirlsの3人が「えのすいecoデー」に参加 活動記録のドローンに手を振る場面も

生物に関する生態学(エコロジー)、そして環境を考える活動(エコアクション)に取り組んでいる神奈川・湘南海岸公園の新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)が1月15日に開催した自由参加型のエコ活動「えのすいecoデー」に、「湘南Boys&Girlsコンテスト2022」の入賞者3人が参加した。

 今回のエコ活動に参加した湘南Boys&Girlsコンテスト2022入賞の3人は花倉樹美さん、内田竣介さん、二宮寛明さん。スタッフの説明を聞いたあと、軍手、トングなどを持ち砂浜で清掃活動を行なった。活動の説明では新江ノ島水族館の山崎祐一郎さんが「ビーチクリーンで拾ってほしいものは、マイクロプラスチックなどの海に還らないものです。流木など海に還るものは取らないようにお願いします」と話しており3人は、「これは海に還らないものだよね」などと砂浜を見ながら活動にいそしんだ。

 新江ノ島水族館はSDGsが目指す方向性に合致した活動として、2009年より「えのすいeco」に取り組んでおり、その一環として毎月第3日曜日の午前に開催している自由参加活動で、海岸を清掃するビーチクリーン活動を行ったり、砂浜に打ちあがる漂着物を観察したりできる。無料で手ぶらで予約なしに参加できる手軽さが特徴で、参加者は受付で軍手、ゴミ袋、トング、バケツなどを借りられる。ビーチクリーン参加者は、海岸で見つけた貝殻やガラス片シーグラスなどを使ってビーチコーミングアートづくりに参加できる。

 活動が行われた新江ノ島水族館の目の前の片瀬西浜は、2018年6月にドローン飛行イベント「湘南UAVデモンストレーション」が開催され、2020年には7月から8月にかけて、新型コロナウイルスの感染対策として海水浴場の開設が見送られた海岸の安全を確保するためドローンとライフセーバーとが連携するパトロール活動が行われるなど、ドローンと縁が深い。今回も活動記録のためにドローンが空撮を担っており、3人はトング、手袋、バケツを手にプラスチックごみやたばこの吸い殻などを拾い、ドローンに手を振ってアピールした


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です